店長のブログ 『味波内田橋店』

名物うなぎひつまぶし、うなぎ釜めし。名古屋市南区 熱田神宮近く。ご宴会は送迎バス完備の味波内田橋店へお任せください!

10月30日 小浜のレポート

10月30日 ター君チヌクラブ副会長新萬丸亭のマスターと

旅行会社の社長(マスターの同級生)の森川さんと

三人での釣行となった。

マスターとの釣行は約1年ぶりで

去年一緒に行った時は警察に職務質問され
釣果の方もパッとしない結果だった。

今回は森川さんも加わり車中では釣りの話で盛り上がり
今回は何もないな!と思っていた矢先
話に夢中になっていると
猫の死骸を車で引いてしまい今回も何か起こる予感・・・。

一番船で筏に渡り団子作りから始める!

今回の筏は三重県小浜漁港の浜辺湾18-20号筏で
私たちが乗るまでまだお客さんが余り乗っていない
かなり人気の無い筏です。

いつもの様にあかまる・しろまる・紀州マッハ深場を
1/2づつ、チヌにこれだ!を1/2約海水500CCとまぜて
団子を作る。

釣りを始める前にオキアミ・シラサ・コーン・ミンチさなぎ
を入れた団子を10個ほど打ち込んでから仕掛けを作る。

ライン1.25 ハリ2号で挑戦!
いつもながら一投目は緊張する。
この日はボケの落とし込みからスタート!

あたりが無い・・・・・・。

今日も厳しい一日になるのか!?
それとも猫のたたりか!?

横を向くとマスターの竿がしなってる!!!

早くも満面の笑みで1匹ゲット!!!
流石です。
私も落とし込みをやめ団子釣り開始。
エサをローテーションしながら
打ち返しのピッチを早くする。

すると待望の1匹目ゲット。
シラサエビにヒットした。

その後もサナギとオキアミにヒット!
でも3匹目を釣ったあたりからアタリガ無くなった・・・。

船頭さんが集金に来て浅い方に変わったら?
と言ってくれて場所移動する。20号から18.5号に移動。

すると場所移動が正解で
アタリは取りにくいがぱらぱら釣れてお昼までに20匹位釣れた。

パターンはオモリなしで団子からエサ抜けを確認し
浮いたエサをゆっくり落としていくイメージでもたれるアタリや
潮の流れについていくと1~2M位のところで前あたりがり
さらについていくともたれるといったアタリが出るパターンが多かった。

昼食も取り残り2時間。
シラサだと型が小さくなるのでサナギ中心に
たまにシラサというローテーションに切り替えた。

残り1時間30分!

ついにクライマックスがやってきた。

サナギの2個掛けで団子が割れるのを確認し
20センチ上で待っているとモゾモゾアタリ!
ラインを少し緩めてやるとゆっくり持たれるアタリが出た。

すかさず渾身の一振り!!!

重い!!!

浅い方に移動したからと言って15Mはある。
私の左腕はパンパンだったが何回も締め込みに耐えて
上がってきたのは40cmオーバーの黒鯛!
深いところからあげる魚はスリリング満点で
この時期はいつも深場に行く。

その後もぱらぱら釣れて中型ばかり34匹で終了。

今回は何もなく終わると思った時!
あの人に猫の呪いが襲いかかった!!!


帰りの船の上で船頭さんがスピードを上げた時

なんとマスターのタモが空に舞った!
そして海の上にかろうじて浮かんでいた。

マスター! 飛び込まなっ!

と言いそうになりました。(笑)

私が踏んでしまった呪いが・・・・・。

でもやはり持つている男はやはり違いますね!
何かやってくれます。(笑)


船着き場につき漁協の人たちが来て
こんだけ深場であがるのは今年初めてや~
みんなええ型やな~
さすが鈴木君!!!

と言ってくれました(笑)

一投一投に時間のかかる深場でこれだけの釣果は
まずまずと言ったところ。
でも浅場の筏では60枚釣り上げているお客さんもみえて
竿頭にはなれませんでしたが満足のいく釣果になりました。

森川さんは17匹!マスターは・・・・・。

楽しい1日が過ごせました。

11月に1回釣行して今年の竿収めとさせて頂き
忘年会シーズンを迎えたいと思います。

moblog_818d6694.jpg
moblog_c8764125.jpg
moblog_1a57d2b5.jpg
  1. 2013/11/04(月) 09:33:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<味波グループ | ホーム | 祝!楽天日本一!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ajinami6930873.blog.fc2.com/tb.php/1263-1693c044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)